結婚・子育て 育児記録

【育児記録22】退院して1ヶ月が経ちました

娘が6ヶ月のNICU生活を終え、自宅に帰ってきてから1ヶ月が経ちました。

▲かなりリラックスしてきたのか、
笑顔が増えました!

初めのうちは、一体どうなることやらと心配な日々でしたが、今ではすっかりこの生活に慣れ、私も長時間眠れるようになりました(とはいっても、リビングに置いたベビーベッド横のソファで寝る生活&体調を管理するモニターのアラートが鳴ったら飛び起きて娘のケアをしているので、”熟睡”とはいきませんが、退院直後に比べたらかなりの快適睡眠ライフです!)。

さて今日は、前回のブログ後に起きたことを。

この2週間で色々ありました……。

インフルエンザA型を発症

娘の体調がおかしいと気づいたのは、2月22日(月)の夜中。

ちょうど猫のわらびが、1歳を迎えた誕生日です。

▲わらびにとっても、初節句!

娘は体内の酸素値と、脈拍数を常にモニターしているのですが、その日は、

・酸素値が一向に安定せず、警告対象の「92」を下回り、アラートが鳴り続けている
・脈拍が高め(睡眠時の脈拍は、90〜120くらいですが、この時は常に170を超えていました)
・よく吐く(もともと嘔吐しやすい体質ですが、この日は、回数も量もこれまでに見たことないほど)

など、気になるところばかり。

翌日は予防接種を受けるため、小児科のアポを入れていたので、朝まで待って体調が改善されないようであれば予約時間をずらしてもらおうと決め、ほとんど寝ずに看病を続けました。

そしてそのまま朝を迎えるも体調は良くならず、病院に電話して診察を早めてもらうことに。

英語が得意な友人に付き添ってもらい、病院に行き検査すると、「インフルエンザA型」の判定でした……。OMG。

その日の夜から熱が出始め、翌日には、39度近くまで上昇

加えて、ひどい咳もありました。

まるで体の中からエイリアンが出てくるんじゃないかと疑いたくなるような奇声を発しながら、苦しそうに咳している姿は、見ている方もかなり辛かったです。

▲インフルエンザにかかっている間は、
喉の痛みで、泣いても声が出ませんでした。
(写真はインフルエンザにかかる前のものです)

でも体調がひどかったのは最初だけで、早めにタミフルと解熱剤を投与したのが良かったのか、熱や嘔吐は、割と早く治まりました。

▲呼吸を楽にする器具。マスクで、
口と鼻を覆いかぶせるようにして使います。

目の検査が延期に

前回ボストンで目の診察を受けたと書きましたが、その診察の翌週、NYにいるかかりつけの眼科医の元で、麻酔をかけより細かい検査をする予定でした。

【育児記録21】目の検査を受けるために、ボストンまで行ってきました : Purple and the City

しかし、熱を出しながらの麻酔は命の危険も伴うとのことで、1週間延期に。

そしてその間に、残念ながら左目の状態が悪化したことが、数日前にリスケされた検査で発覚しました。
左目は、目の焦点を合わせる場所にシワができてしまったのが致命的で、眼科医によると、「このシワがある以上、コンタクトでもメガネでも視力の矯正は難しいでしょう」と。

ボストンの眼科医が指摘していた「滲出液」は、診察時点では両目とも止まっていたのですが、診察が行われなかった2週の間に網膜の裏に液が溜まり続け、その結果として、焦点を合わせる場所が盛り上がった(=シワになった)のではないかと、私と主人は考えています。

幸い右目は、網膜剥離が部分的に治まりつつあり、前回の診察時より状況が良くなっていたので、まだ確実ではありませんが、左目よりは視力を維持できる可能性が高そうです。

▲なんとかこの目を守ってあげたいです…

ボストンの眼科医は、「手術」または、「投薬(特殊な注射)」というオプションを提示してくれましたが、娘の主治医は、「この状況であれば、リスクの高い手術や投薬は一度見送り、様子をみましょう」とし、そのオプションには従いませんでした。

眼科医は、「ボストンの眼科医は自分のメンターでとても尊敬しているけれど、娘さんの目を初めから診てきて、変化を理解しているのは自分の方なので、今回は自分の考えに従う」と。もう一人、彼のパートナーの眼科医がその日は同じ病院で診察していたので、合わせて娘の目を診てもらい、その方の合意(手術、投薬とも一度見送り)も得ました。

次回の診察は2週間後です。

左目の視力に関しては不安が残りますが、「まだ成長過程なので、成長と共に自然とシワが伸びていく可能性も否定できない」という話なので、そこに賭けたいと思います。

さて、あと数日で主人が日本から帰ってきます。

ようやく交代制でベッドで眠れる……今はそれが何よりの楽しみです。

も、もちろん、主人に会えることが一番の楽しみですよ!!!(笑)

▲週に1度ナースがやってきて、
娘のようすをチェックしてくれます。
インフルエンザからの回復を喜んでくれました!

(おまけ♡)

前々から似ているかも? と主人と冗談で話していましたが、並べると、あら…♡

左がムッチーで、右がウッチーです。

sponsored

(Visited 705 times, 1 visits today)

You may like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください