その他 ねこ ひとり言 わらび

今日のどうでもいい話〜猫のわらびがセクシーすぎて画像の削除依頼が来た……!篇〜

昨日、夜中1時半過ぎ。

娘を寝かしつけ、自分の仕事も終え、さあそろそろ寝ようかなと布団に入った瞬間。

一通のFacebookメッセージが届きました。

差出人は、直接面識はないけれど共通の知り合いが多いことから、名前と顔を認識している方。なんだろう? と思って開いてみると、こんな内容が……▼

な、なんだこれ……

と思いつつも、明らかに日本語が怪しいのでSPAM? とも思いましたが、その方のプロフィールは本物だし、うーん、何かの手違いかな? と直接本人に問い合わせることに。

すると、息子さんがiPhoneをいじり、誤送信したのではないかとのことでした。

なるほど(笑)

確かに猫は裸でウロウロしているわけですから、「性的に露骨すぎる」、間違いではないかもしれません(笑)。

でも、そういう生き物なので許してください、と受け取った瞬間から大爆笑。

思わず、日本に住む姉にもメールしてしまいました。

さて私は、過去にも2回、赤ちゃんの誤動作事件に巻き込まれたことがあります。

ここからは、短編小説仕立てでお届けするので、お時間ある方はご覧ください(笑)。

最後にオマケがあるかも!?

〜事件ファイルその1 『日曜日の昼下がりに』〜

あれは確か、6〜7年前だったろうか。

当時私はまだ会社員で、土日関係なく忙しく働いていた。

その日も日曜日だというのに、朝からPCに向かい、ずっと資料を作り続けていた。

お昼時になりさすがに疲れたので、休憩がてら近所のマックにでも行こうと、家を出てレジに並んでいると、突然私のiPhoneが鳴った。

見ると、普段あまり絡みのない会社の女の先輩からだった。

「日曜日にどうしたんだろう?」

不思議に思ったけれど、わざわざ日曜日にかけてくるくらいだから、何か急ぎの要件かもしれない。そう思い、私は電話に出た。

「もしもし」

私の予想と反し聞こえてきたのは、荒い息づかいと、なんとも艶めかしい湿った音だった。

こ、これは……。

焦った私は思わず電話を切り、それからしばらく何が起きたのか分からず呆然とした。

レジは混んでいて、まだ私の番は来なかったので、今来たばかりの電話のことをしばらく考えた。

頭の中ではいくつかシチュエーションが浮かんだけれど、私が最終的に結論を出したのはこれだった。

(男)「おいおい、お前、日曜なのに仕事かよ〜」

(女)「しょうがないでしょ、今忙しい時期なんだから」(電話をかけ始める)

(男)「待てって。俺と仕事、どっちが大事なんだよ?」

(女)「そんなの、あなたに決まって…」(電話つながる)

(以下略)

ふむ。これであれば、謎の電話の理由も分かる。

大人なのだから、日曜日の昼下がりに、キャッキャウフフなことがあってもおかしくはないだろう。

しかしまあ、あの大人しそうな先輩がなぁ〜と、やや驚きつつ、でも仕事の用事で電話をかけて来たのだとしたら、何か話したいことがあったのではないか?  と、ひとまずテキストを送った。

ちょっとだけ嘘を交えて。

「今お電話いただきましたか? すみません、すぐ切れてしまったようで」

すると思ったよりも早く、返信が来た。

「ごめん、子どもがiPhoneを舐めてると思ってたけど、まさか電話しちゃってたかー。ごめんねー気にしないで!」

……なるほど。お子さんがいらっしゃったんですね。

謎は全て解けた! とコナンが言ったとか言わないとか。〜事件ファイルその2 『謎のアルファベット』〜世間はやれ花金だ、やれTGIFだと騒いでいるけれど、私はまだ会社で残った仕事を片付けていた。

ようやく終わりが見えてきて、さあ帰ろうかなと最後のメールチェックをしたところ、一通、不思議なメールが届いていることに気づいた。最近、仕事でお世話になっているFさんからだ。

タイトルは無い。

なんだろうと思いつつメールを開封すると、

そこにはたった一文字「g」とだけあった。

「頑張れ?」

「元気だせ?」

「ご苦労さん?」

「ガッツだぜ?」

……分からないけれど、元々ちょっと不思議なところがある人だったので、ひとまず金曜日の夜だし、緊急の用事でもなさそうだから返さなくていいかとPCを閉じようとすると、また新しいメールが届いた。

同じく、Fさんからだった。

今度もタイトルはなく、中には、「h」とたった一文字。

「これは直接的に、disられてる?」

「それとも、もしや私のこと好きなのか!?」

……とまあ、いろいろとっ散らかった思考を落ち着かせ、これも無視した。

そして、今度こそと立ち上がろうとした瞬間、またやって来た。

「i」

ここで私は気づいてしまった。

Fさんは、誘拐されて、私に助けを求めているのかもしれないと。

どうしたら良いのか分からず一人であたふたしながら、もしメールを打てる状況なら、わざわざ電話するよりも、メールで居場所を聞き出した方がいいだろうと、謎の使命感に駆られ、一文だけメールすることにした。

「どうしましたか?」

これなら、仮に犯人がメールを読んだとしても、仕事の進捗を聞いているように見えなくもない。

私は祈るようにしてPCの前で待っていると、数分後、Fさんから電話が来た。

私は、「犯人にバレたのかもしれない。身代金を要求されたら社長に相談しよう」と、頭の中でシミュレーションし、緊張しながら電話に出た。「……もしもし」「あ、公文さん!?」

Fさんの声はやけに明るい。

「ごめんね〜、なんか息子が勝手にメールしてたみたい。気にしないで〜! 金曜日なんだから仕事ばっかりしてないで、遊びに行かなきゃ〜!」

私の心配など、彼は知る由もなかった。

(完)

ここまで読んでくださった方に、お礼に、セクシー過ぎる罪で通報されかけた、 わらびの子ども時代の写真をお届けします(笑)。

ご堪能くださいませ。


2015-06-03-01-22-54

2015-06-18-06-59-03


2015-05-24-10-15-03

-sponsored-

(Visited 48 times, 1 visits today)

You may like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です